電動シート


 私の元々の本国仕様の200Tdiジーゼルレンジはグレードをヴォーグと謳いながらも布製のシートで、その角度調整はノブで、前後移動はレバーを持ち上げて手動で行う仕様である。一方日本仕様やSE仕様のレンジは電動(パワー)の革シートで、それもコノリー皮とかいう高級な皮らしい。93年型はメモリー機能が付いてドライバーが代わってもボタン一つで元の自分の位置に設定し直してくれる。おまけにドアミラーの位置までちゃんと登録したドライバーの設定に戻してくれるのである。

 でも優れ物とは名ばかりで20年以上の時を経て皮はカチカチになってひび割れが出ているし、メモリーの内蔵電池が液漏れで壊れてしまいおかしな位置でセットしたり限界まで動いて止まったままになったりするらしい。私もKAガソリンレンジを車庫まで移動する間にシートが勝手にどんどん前に動いてしまい電気椅子の被告さながら潰されかかった(一番前で止まったが)。

 軽量化と長期安定利用、それに乗り心地の面から手動で布のシートが一番ではないだろうか。

ま、200Tdiの布シートは若干ほつれ出しているのでとりあえずは電動シートを使うとしよう。

  シートメモリーECUの箱は運転席裏に取り付けてある。一度外した事があれば席下へ手を入れて外せるが、初めての場合はシートを取り外さなければ理屈がわからない。ところがシートを外す際、固定してあるボルトがナメた。M8ボルトで5ミリのヘックス頭であるが2本もナメた。結局6角頭のM8ボルトを溶接してボックスレンチでようやくシートは外れた。

 ECUボックスにはパソコンと同じように封印を破ったら保証対象外などと書いてあるが、何を今更。あちこちのブログやホームページに書いてある通り中身は案の定メモリー用の内蔵バッテリーが液漏れしてた。液漏れしたバッテリを外すとECUが生き返った例があるらしいが、残念ながら私の物はバッテリーを外してから試しに12ボルトを流して見てもシートは復活しなかった。

 運転席のリモコンスイッチを助手席のものと比べると電線がいかにも細い。別途リレーを噛ました方が良さそうだがそれぞれダブルで結線してあるのでとりあえず直結でやってみよう。

 信頼できるホームページの情報を参考にしながら自分なりの手法を模索する。

 24プラス4本で27本もあるコネクタの車体側の配線を利用して、シートモーターの4個、サイドミラーの上下左右のモーターとコントローラーを直結すれば良いのだ。

 そうすればシートメモリーのECUボックスアッシーを外せて軽量化できる

コメントを残す